人為性の環境問題の歴史

環境問題と環境哲学の歴史

 多くの人類は古くから文明を発展させていく過程で、自然環境を資本として利用してきました。例えば天然資源を原材料に工業製品を作ったり、燃料を使ったりすることで、原始的な狩猟採集生活と比較してはるかに高い生産力を実現したり、利便性を高めてきたのです。しかし、それを利用することによって、必要以上に自然環境に負担をかけているということも次第に顕著になっていき、原材料やエネルギーの使用量は文明の発展と同じく増え、21世紀を迎えた今の先進国のエネルギー使用量は、狩猟採集生活のころに比較して推定50倍以上にも膨れ上がってしまっています。また人口はこれ以上に急激に増えていることを考えれば、過去数十万年で原材料やエネルギーの使用量は爆発的に増えたともかんがえられるかと思います。

自然の自己修復性とは?

 人間が少しでも自然に手を加えれば、自然・環境への負担が必ず発生しますが、自然は自己修復性を持っていて、ある程度の負担までは短期間で回復可能です。具体的に自己修復性とは、植物が伐採されたあと再び芽生えて元のように成長したり、物を燃やした際に出る灰や煙が拡散・沈殿等を経て分解されたり生物圏から隔離されたりすることでありますので、生物学や物理化学によって説明されます。

 自然が持つ自己修復性を超えて負担をかけたり、自己修復性が損なわれたりすると、回復が遅れ、結果的に人類をはじめとした生物に悪影響を及ぼすことになります。例えば、植物が過剰に伐採されたことで雨で土が侵食されて貧弱な土壌となって植物が育ちにくくなり、その植物を糧にして生活している人間やそこに棲む動物が被害を受けたり、大量に物を燃やすことで灰や煙が地上にも広がって、それを人間や動物が吸い込んで健康被害を受けたりという事も起こりえます。

今までは過剰ではなかった

 人類は誕生当初より、生活のなかで自然環境に負担をかけていたのですが、それは自己修復性を超えた過剰なものではありませんでした。例示すると、狩猟採集生活は考古学の資料等から数万年の間継続されてきたと推定され、この事実が負荷の小ささを証明しています。これは、人口が少なく生活単位も小さいため、短期間に大量に天然資源を利用したりすることが少なかったことが要因です。(このことから一部では人口を減らすことが一番の環境対策だとする過激派もいます)

「環境汚染」という言葉が生まれたのは?

 またそう言った環境汚染等の被害が「環境汚染」「環境問題」、つまり人間やその生活を取り巻く「環境」におきている汚染や問題として広く認知されたのは20世紀半ば頃でした。この時期の出来事として、『沈黙の春』(1962年)が環境汚染をクローズアップさせ、環境問題が世間に認知され始め、学問的に環境問題を調査研究する動きが本格化したことなどがありました。

 その後酸性雨、オゾンホール、異常気象、地球温暖化等全地球規模の環境の変化が顕著になってくるにつれ、人々の環境問題に対する関心は徐々に高まっていったのです。

日本での環境問題

 特に日本では明治初期に、主に産業活躍に起因する公害という概念が生まれました。もともとあった「公害」の概念に植物や動物等の自然環境の汚染が加わって「環境汚染」となって、次に自然の許容限界を超えた負荷によって起こる諸問題へと対象が拡大し、オゾン層や地球温暖化等の地球環境問題が加わって「環境問題」へと、環境問題の考え方は次第に展開していったのです。これらの問題を地球環境の破壊と考え、「環境破壊」と呼ぶこともあります。

 現在、環境問題、特に地球環境問題は、貧困や紛争等と並んで主要な国際政治問題、社会問題の1つと位置づけられています。国際的な議論や取り組みがいくつか実行され、一部は効力を表していますが、不十分とされるものもいくつかあります。

次第に技術が進むと

 この公害から始まった環境汚染は、次第に技術の発展によって抑えられていきましたが、そもそも基礎としてある環境自体に対する考え方から、環境汚染というものは次第に過激化していき、当初の目的から少し離れたものになってきてしまっています。コレに関しては環境倫理などといったものや、環境哲学というものによって様々な提案がなされておりますが、未だに解決がされている問題とは言いがたい状況となってしまっています。