エネルギー問題と環境問題

再生可能エネルギーは環境にやさしいか?

 最近では再生可能エネルギーが注目を集めており、環境への配慮という観点から見て、非常に評価が高いものとなっています。しかし、その一方で、別の部分で環境問題が起こっていたり、環境破壊を防ぐ目論見でやったことが別の部分での環境破壊を引き起こしてしまっていたりします。これはある意味原発などど同じような物で、一つ一つのメリットとデメリットを把握した上での運用が求められるのではないかと思っています。

有名なのは太陽光

 なんといっても有名なのは太陽光発電です。これは太陽の光によって発電するので非常にエコロジーであるという評価を受けてはいますが、実際問題エネルギーの一定供給という面からしてみると少し難点があると言わざるを得ないでしょう。特に一年中日照りが続くような気候であれば、これを上手く運用していくことが出来そうですが、そうでない場合は、エネルギー効率が非常に落ちることも考えられるわけです。

風力や水力発電も

 風力発電や水力発電なども有名ですが、特に前者はやはり環境によって効果が出なかったり、また投資コストに対してのリターンが微妙であるという問題があります。水力発電の場合は比較的一定の電力供給が可能にはなっていますが、その施設を作るために、別の部分で環境が破壊されるという問題もあったり、生態系への悪影響なども問題として上がっています。また、供給地から遠い場所で発電を行わなくてはいけないということも電気のロスの面から考えると少し痛いなということもあります。

新エネルギー、代替エネルギー

 化石エネルギーに変わる代替エネルギーを使うという案もありますが、これもある意味では問題になっているという事があります。例えば石炭ガス化や天然ガス、またバイオマスや原子力発電といったものがそうで、他にも水素発電といったものも一部ここに含まれるかと思いますが、そのエネルギーも利用にあたっては、

 といった様々な評価点によって、エネルギー収支がしっかりと合う形で運用されるようにならなくてはいけません。

 特にエネルギー収支に関しては非常に重要で、あまりにも赤字が出すぎる場合にはその仕組み自体を上手く機能させて行くこと自体が不可能になってしまいます。

救世主となるのは宇宙太陽光発電

 宇宙太陽光発電は、宇宙空間上で太陽光発電を行い、その電力を地上に送る発電方法です。これを利用した発電システムは宇宙太陽光発電システムと呼ばれていて、SSPSと表記されます。一般に知られている「マイクロ波発電」はこの発電方法の一種で、伝送手段としてマイクロ波を用いているものの総称です。

無線でどうやって電気を送るのか?

 実際の所1901年の段階でニコラ・テスラというエジソンと肩を並べる力量を持つ発明技術者によって、無線で電気を送るシステムは開発されていたのです。しかし、当時は「銅線を使って電気を送った方が利益がでるから」という訳で、この計画が立ち消えになってしまっていたのですが、現在この宇宙太陽光発電ではその発想が生きてきています。実際に宇宙太陽光発電では、これらのテスラの技術をそのまま使うのではなく、それを一段階発展させて電磁波による送電ではなく、レーザーによる送電を目標としているそうです。かつてはマッドサイエンティストと呼ばれていてた人物の技術がこんな形で応用されていると聞くととても不思議な感じがしますね。

しかし未知の環境破壊の可能性も

 しかし、この宇宙太陽光発電が安全だとは決して言い切れないというのもある意味事実ではあります。例えば水力発電や地熱発電、風力発電といった地球にやさしいとされている再生可能エネルギーも別の側面から見ると環境を破壊しているという実情があるからです。特にこれらの宇宙太陽光発電を行った場合の環境リスクや、また、仮にそのシステムが破損した場合にどのように対応するのかといったことは綿密に考えられるべきで、ただ単にこれらを利用すれば将来安泰だというような安直な考えにかたよるのは正しくないかと思います。

エネルギー収支の問題も

 またこの宇宙太陽光発電は発電の効率性と引き換えに、保守コストを犠牲にしてしまっていることもあるので、もし万が一故障してしまった際には、治す際のコストが莫大に膨れ上がってしまうリスクもあります。また、発展途上国などでは、こうした物を作る技術力がまだ備わっていないため、エネルギー格差などもどんどんと進んでいってしまう可能性もあります。

 もしもこれらのエネルギーを使うにしろ、別のものを利用するにしても、それが何を生み出し、どういった効果と悪影響を生むのかという部分を皆が皆真面目に考えて運用していく必要があるのではないでしょうか?